鹿島が「ガレキ談合」で巨利

復興予算を掠め取る談合の舞台は地元ではなく東京。公取委は鹿島の「政治力」が中央政官界にも働いたと見ている。

2012年5月号 BUSINESS [公取委が黙っちゃいない!]

  • はてなブックマークに追加

本誌は昨年11月号(「東北談合復活」鹿島一番乗り)で、宮城県のガレキ処理事業を取り上げ、「談合復活を察知した公正取引委員会が、東北事務所と東京の本体とが態勢を組んで集中調査に乗り出した」と報じた。あれから半年。いよいよ、その動きが本格化してきた。公取委の内情に詳しい談合ウオッチャーは語る。「強制調査権を持つ専従チームによるゼネコン各社のヒアリングはすでに一巡し、一部が受注調整を認め始めている模様。公取委の現場は早く家宅捜索に踏み切りたいようです……」容疑は正攻法の「独占禁止法違反」。しかし、これを適用するには「継続的に受注調整が行われている」ことを立証し、談合罪の構成要件を満たす必要がある。公取委がマークしたのは膨大なガレキ事業だけではない。同時期に入札が行われた東京・築地市場の豊洲移転事業も総事業費2千億円にのぼる案件。宮城と東京の巨大事 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。