情けない野村証券「危ない企業リスト」に登場

2012年5月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

「情けない。言葉も出てこない」民間信用調査会社「東京経済」が作成する要注意企業リスト(俗称「危ない企業300社リスト」)に、野村証券が載ったことを知らされた関係者は絶句した。東京経済は年2回、2月と8月にリストを発行しており、銀行の審査・融資担当者などの「裏必携」(大手銀行審査担当)になっている。実際、昨年8月のリストに載った企業8社が倒産。「よく当たる」(同)と評判を呼んだ。同リストは要注意企業をA~Jで評価し、A評価は資金面変調、Bは内紛など人事変動、Cは不祥事など企業体質といった具合だ。最新の2月に掲載された上場企業は37社。野村証券がリストアップされたことにも驚きだが、さらにそれが「J」評価とは――。「J」は「受注減など先行き不安」という評価だが、同じ「J」のレッテルを貼られたのは粉飾決算のオリンパス、御曹司がギャンブルで巨億を蕩尽した大王製紙、会 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。