「休眠預金」で孤立無援の古川戦略相

2012年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

これが偏差値エリートの限界か。東大法学部在学中に司法試験に合格、旧大蔵省を経て、まだ46歳ながら衆院当選5回の現役閣僚。人も羨む華麗な経歴の持ち主、古川元久国家戦略担当大臣が大きな壁に突き当たっている。仙谷由人・元官房長官の引きでポストには恵まれているものの、突破力不足から実績を残せず、存在感の低下が止まらないのだ。この状況に本人も焦りを感じないはずはない。今年2月に一発逆転を狙って、日本再生戦略の一環としてベンチャー企業やNPO(非営利組織)支援に「休眠預金」を活用する案をぶち上げた。ところが、周囲の反応はさっぱりだ。休眠預金とは10年以上お金の出し入れがない口座の預金のことで、年間850億円程度発生する。この新手の「埋蔵金」に目を付けた新党日本の田中康夫代表らに焚き付けられ、功を焦る古川氏が飛び付いたのだ。休眠預金は古くて新しい問題でもある。最 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。