「課長級」でも1400万円優雅すぎる日銀「高給」にメス

2012年4月号 LIFE [ライフ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

国家公務員給与削減法が成立し、来年度から7.8%(年間約2900億円)引き下げられる。次の焦点は地方公務員の給与削減だが、その前に財務省はキャリア官僚以上の「高給」を食む日銀に賃下げを要求する方針だ。来年4月任期満了となる白川方明総裁の後任人事も絡みながら、水面下で「霞が関vs日本橋本石町」の暗闘が繰り広げられている。日銀マンはNTT職員などと同様に「みなし公務員」と規定されるが、その給与水準は霞が関のキャリア組が羨むほど高く、社宅などの福利厚生も充実している。平均年収は課長級である「企画役」でも平均1400万円、優秀なら40代前半で就く部長級の「参事役」が1700万円強。さらに「局長・審議役」は1900万円を超え、役員の「理事」まで昇進すると2100万円程度に達する。一方、中央官庁では50歳前後の「総務課長」でも1500万円ぐらいである。このため、財務省は日銀にも賃下げで ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。