韓国より10年遅れの「電子図書館」

ソウルでは3年前に国立デジタル図書館が誕生。彼我の情報基盤格差に呆然。

2012年4月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

日本で出版物に占める電子書籍の比率はまだ数パーセントだが、公共図書館の足元に電子化の波が押し寄せ始めた。現在、全国で10館程度の公共図書館が電子書籍を導入、もしくは実証実験中。4月には、3月上旬現在で220の出版社から賛同を得ている電子書籍の管理会社、出版デジタル機構(仮称)が設立される。図書館とのビジネスに、新たなルールを創設するのが目的だ。電子書籍を扱う電子図書館になれば、利用者は自宅に居ながらにして閲覧でき、データベースなども利用できる。図書館に足を運べない人にも利用の機会が広がる一方で、紙の本のように保管場所の心配をする必要がなく、延滞、損傷、盗難、紛失の恐れがないなど図書館にとっても多くの利点がある。

パイオニアの千代田図書館

ただ電子図書館の運営にはノウハウが必要でコストがかかるうえ、出版社側の足並みも必ずしもそろっていなかった。誰も将来の電子化の進展を否 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。