「スマホ大国」韓国が日本に勝った理由

サムスンの端末で圧倒。「土管化」を免れようと、通信キャリア3社がコンテンツに注力したことも効いた。

2012年4月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

スマートフォン(スマホ)人気の火付け役、アップルのiPhoneをシェアで抜いたアンドロイド端末は、韓国サムスン電子が主役だ。出荷台数ベースで見ると約400%の伸び率で売れているアンドロイド端末は、端末投入で先行した台湾HTC社製をサムスン製が逆転。NTTドコモやauでも扱う「ギャラクシー」の世界的大ヒットで大きくシェアを伸ばしている。現に2011年のメーカー別シェアでは、第4四半期に駆け込みで売れたiPhone4Sのアップルを押さえ、販売台数9400万台、シェア19.1%で1位となった(米IDC資料)。スマホ市場ではアップル対サムスンの対決の様相で、残念ながら日本のシャープやソニーモバイルなどは完全に圏外になっている。

三位一体の盛り上げ

なぜ韓国が「スマホ大国」に躍り出ることができたのか。ともすれば端末ばかりに目が行きがちだが、世界の携帯ビジネスがスマホ時代を迎えると見るや「通信キャリア、メー ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。