「AIJ」を省益拡大の具にするな

2012年4月号 連載 [監査役 最後の一線 第12回]

  • はてなブックマークに追加

年金基金の常務理事の多くが運用の「素人」なのは業界の常識だ。2千億円近い受託資産のほとんどを“溶かした”(消失させた)AIJ投資顧問事件は、起こるべくして起きたと言っていい。そんな「素人」に高リスク運用を任せるべきではないと、年金運用の規制強化論が浮上した。規制強化となれば役所の出番。金融庁も基金を所管する厚生労働省も、ここが出番とばかり腰を浮かしている。厚労省はさっそく「AIJ問題対策特別プロジェクトチーム」を設置。基金の運用体制や今後の運用のあり方について調査・検討を始めた。金融庁周辺からも金融商品取引法で年金基金を「プロ」の機関投資家として扱っているものを、個人投資家並みの「素人」として扱うべきだ、という声が上がる。要は、従業員から預かった貴重な年金資産を、危険な金融商品に投資させるべきではない、というムードなのだ。年金基金には1996年まで ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。