SBIが「連結外し」隠蔽

香港でこっそり開示した文書から、赤字連結会社を外す奇怪な取引が判明。ほっかむりしてSBI債を発行。

2012年4月号 BUSINESS [北尾の最終戦争]

  • はてなブックマークに追加

昨年11月25日、香港証券取引所で「思佰益(シーバイイー)」という日本企業の情報がさりげなく開示された。思佰益とはSBIホールディングス(東証・大証1部上場)のこと。野村証券のOBで、辣腕で鳴らした北尾吉孝が率いるSBIグループの中核をなす企業であり、昨年4月に香港取引所のメインボードに日本企業初の上場を遂げている。その一文はこんな前書きから始まった。「HOMEOは100%子会社で、その売上比率がSBIホールディングス連結売り上げの5%超、25%未満である。よって香港証券取引所上場規則14条に基づき、情報を開示する」そして開示内容が淡々と記されている。「SBIグループ100%子会社であるHOMEOの株式17万9422株を一個人に売却する。売却代金23億円は現金支払いではなく、いったんこの一個人からIRIの全株式を譲り受け、2012年1月末日に23億円を超える分の資産については当該一個人に返却す ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。