仏大統領選でサルコジ「助けて」

ドイツも英国も声援を送るのに、社会党オランドに大差。なりふり構わず叫んだ。

2012年4月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

3月2日、ブリュッセルで開かれた欧州連合(EU)首脳会議に出席したニコラ・サルコジ仏大統領に、ある記者が意地悪な質問をぶつけた。「首脳会議への出席はこれが最後になるのではないか。(大統領選で負けたら)EUのポストを狙うつもりはあるのか」大統領はこう答えた。「続投が決まらなければ、あなた方はもう私の話を聞くことなどないでしょう」意外に本音だったのかもしれない。それほど、4月22日に第1回投票を行う大統領選ではサルコジの勝ち目は薄いのだ。前日の3月1日にはフランス南西部バスク地方のバイヨンヌを訪れ、2月15日に大統領選正式出馬を表明して以来、もっとも辛い一日を過ごした。農業関係者と激論した後、バスク分離派の多い中心街に向かうと、数百人に囲まれて罵声を浴びせられ卵まで投げつけられた。警官が群衆を遠ざけるまで、サルコジはカフェに約1時間も避難していなければなら ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。