大手生保の国際投資部門「複数異動」の舞台裏

2012年4月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

日本生命保険が3月初めに発表した人事が金融界の噂を呼んでいる。海外の債券・株式・為替を統括する国際投資部の部長、課長が複数異動したというのだ。業界筋によると、国際投資部の部長が審査部門の担当部長に異動したうえ、課長職についても異動者が出たという。欧州ソブリン対応が原因との憶測も出ているが、どうだろう。ニッセイの国際投資部門といえば昨年、イタリア国債などを5千億円弱保有していたことで知られる。業界関係者によると「『外資系証券から、社内規定に抵触する接待を受けた』とのことで、ニッセイの検査部門が立ち入り調査したところ、同社の内規を超えた接待が一部認められた」という。このため、厳正処分を行い、「事なきを得た」(金融関係者)という。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。