東京都暴排条例施行で増える暴力団員検挙数

2012年4月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

警視庁関係者によると、東京都内の11年の暴力団員検挙数(準構成員を含む)は、前年より686人増加し、全体で4651人に上った。内訳は暴力団構成員が1357人と前年より12人増えた。構成員のうち、組長などトップクラスは8人で前年より5人増、幹部クラスは494人で23人減り、組員は855人と30人増えた。一方、準構成員は前年より674人増と大幅に増え、3294人も検挙された。指定暴力団別では、住吉会系の1824人に続き、山口組系1256人、稲川会系749人と、3大組織が検挙者の8割以上(3829人)を占めている。検挙内容別にみると、薬物(覚醒剤)不法所持・使用が634件でトップ、次いで窃盗罪575件、傷害罪439件、詐欺罪400件、恐喝罪316件。暴力団というと傷害や恐喝が頭に浮かぶが「すぐに逮捕される恐喝や傷害などは暴力団側も用心している」(警視庁関係者)ため、薬物関連や窃盗、詐欺などが多くなっている。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。