王立軍逃亡で薄熙来「綱渡り」

重慶の副市長兼公安局長が突如、米総領事館に駆け込み、中国の権力構造に激震が走った。

2012年4月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

毎年3月上旬に開かれる全国人民代表大会(全人代=国会に相当)まで2週間に迫った2月19日、我
々香港の中国人権民主化運動情報センターは「共産党中央政治局会議がまもなく開かれる」というスクープ情報を配信した。

習近平抜きで政治局会議

ところが、中国ウオッチャーの多くはこれをマユツバと受け取った。次期最高指導者の最有力候補で国家副主席の習近平(シーチンピン)が米国、アイルランド、トルコを歴訪中で、政治局会議は習が2月23日に帰国するのを待って開催されると信じていたのだ。正しかったのは我々だ。2月20日午後、国営通信社の新華社が「中央政治局会議が開催され、全人代で審議される政府工作報告(施政方針演説)について討議した」と報じたのである。しかも、同じニュースを伝えた中国中央テレビ(CCTV)の映像に重慶市党委員会書記の薄熙来(ポーシーライ)の姿が映ったため、中国ウオッチャーたちは蜂 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。