「セラーテム」大証・東証の罪

ついに特捜部が斬り込み、次はチャイナ・ボーチー。「中国のハイエナ」の大掃除へ。

2012年4月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

3月6日、東京地検特捜部は大証ジャスダック上場のIT企業、セラーテムテクノロジーの役員3人を金融商品取引法違反(偽計)の容疑で逮捕した。2010年9月号のスクープ記事(「『中国のハイエナ』が大証裏上場」)から1年半、本誌が追及し続けてきた疑惑が「事件」に変わった瞬間だ。逮捕されたのはセラーテム社長の池田修、元取締役CFO(最高財務責任者)の宮永浩明、取締役の藤本秀一。その容疑は、09年12月に英領バージン諸島に登記された中国系ファンド「Wealth Chime Industrial」(WCI)を引受先として実施した15億円の第三者割当増資が、実際には資金の払い込みを伴わない「架空増資」だったこと。増資で得た資金で中国の環境関連企業「北京誠信能環科技」を買収したとウソの発表をし、中国の成長分野に進出したように見せかけ、株価をつり上げて利益を得ようとしたことだ。

資金2回転で架空増資か

一連の操作を通じてセ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。