橋下盲従「維新の会議員」の呆れた行状

増殖する特別顧問・参与の陰で府・市議員の出番はゼロ。維新版「船中八策」にも不満が募る。

2012年4月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

3月6日付で大阪府・大阪市の特別参与に、金融コンサルティング会社「トゥルーバグループホールディングス」の佐々木潤氏が就任した。府市それぞれにある信用保証協会の統合に向け、資産や担保評価の助言を受けるためだという。さらに同日、大阪市は目下、職員の政治関与について調査を行っている野村修也弁護士をサポートするため、さらに5人の弁護士に特別参与を委嘱した。大阪府の幹部職員は「どんどん増えているから、特別顧問や特別参与の数を正確に把握している人はいない」と嘆くが、3月6日現在、府の特別顧問は9人(うち府市兼任が8人)、特別参与は17人。一方、市の特別顧問は16人、特別参与は34人になっている。府では府市統合本部関係の特別参与9人中8人までが、当初からの橋下ブレーンである特別顧問の上山信一慶大教授が紹介したとされ、「上山人脈」によって府市統合が進んでいるのは間違 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。