英国厳戒「プーチンのスパイ」

モスクワ郊外にはサイバー攻撃拠点。議員を「蜜の罠」にはめる美女も怖い。

2012年4月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

4年ぶりにロシア大統領への返り咲きが決まったウラジーミル・プーチンは、クレムリン前に集まった支持者を前に涙を浮かべて勝利演説を行った。が、KGB(国家保安委員会)出身のプーチンに、裏の顔があることは公然の秘密だろう。大統領選挙に備えて、諜報機関を使ってクレムリンの内情を把握していたし、黒帯を持つ「柔道の達人プーチン」の栄誉を持ち上げるたわいない歌や、「プーチン軍団」と呼ばれる女性ファンクラブで「プーチン」をブランド名に冠したベストセラーのウオツカを飲ませるなどの宣伝工作はお手のものだった。国営テレビでは、プーチンが上半身裸で釣りや狩りをしたり、氷の張った川で泳いだり、お気に入りの種馬に鞍をつけずに跨る姿を繰り返し放映していた。だが、英国では防諜機関MI5が警戒態勢をとっている。KGBの後身であるFSB(連邦保安局)の元スパイ、アレクサンドル・リトビ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。