永田町の影絵芝居 無為より戦え!

2012年4月号 連載 [いまここにある毒]

  • はてなブックマークに追加

ひと昔前、中部ジャワで影絵芝居「ワヤン・クリ」の一座を見た。自家発電の電灯に照らされた仄暗い幕の前で、夜を徹して人形師が語るマハバラタの壮大な劇。須弥山グヌンガン、英雄アルジュノ、魔王ラウォノ、美女ロロ・イルン、そして数々の羅刹(ラクササ)たち……水牛の革製の透かし彫り人形が夢魔のように乱舞していた。永田町でも野田佳彦総理と谷垣禎一自民党総裁の「密談」という影絵芝居が演じられた。操るのはどうせ財務省だろうが、いかんせん、増税法案成立と話し合い解散のバーターでは、ハシズムの影に怯えた打算ばかり。実はたった10分間、双方とも本題を切り出せなかったとか。四の五の言わず、戦え! と言いたい。ワヤンの見せ場は決戦バラタユダの場だ。インドの聖典『バガヴァッド・ギーター』では、流血淋漓(りんり)に逡巡するアルジュノを、クリシュナ神の化身が「戦え!」と鼓舞 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。