福島で「夢のガン療法」の怪

ドサクサ紛れに経産省からタナボタ予算。受け皿の病院は決め打ちに見えるこの利権、誰が口利きをした?

2012年4月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

東日本大震災からはや1年、「復興」という大義名分のもと、被災地につぎ込まれる巨額予算に疑惑の目が向けられている。「懸念がある」――昨年12月7日、参院決算委員会でこう切り出したのは、新党改革(舛添要一代表)の幹事長を務める荒井広幸(参院比例区)だった。荒井と言えば、福島県議出身で93年の衆院選に旧福島2区から自民党候補として出馬して初当選。衆院で3期務めた後に落選し、参院に転じた政治家。2005年に自民党を離党した後も、一貫して郵政民営化反対の論陣を張ったことで知られ、また元首相安倍晋三とは初当選前から親交があり、今でも太いパイプを持っている。

3次補正でポンと48億円

12月7日の質問では、成立した3次補正予算について「野田総理、ガンの治療法でBNCTというのを聞いたことがあるでしょうか。私も最近気づいて不明を恥じますが」と前置きして、枝野幸男経済産業相と小宮山洋子厚生労働相にこ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。