陸前高田「悲劇の市長」の仮面

被災地のヒーロー気取りの裏で、土建業者の親族を通じ「反社」との黒い交際が浮かんだ。

2012年4月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

あの大震災も、1年経てば「美談」のメッキがそろそろ剥げてくる。津波にも生き残り、塩害で枯れた「奇跡の一本松」の陸前高田市の戸羽太市長。自宅を流され、妻が行方不明になったが、気丈に陣頭指揮を続けて「悲劇のヒーロー」になった。市長に就任したのは震災直前の2011年2月。1カ月後に大震災に見舞われ、給食センターに置かれた災害対策本部で奮闘していたが、被災した市民を差し置いてはと妻の捜索願を出さずにいると、安否不明の一覧表になぜか妻の名前が載った。不思議に思って捜索者の欄を見ると、小学6年生の長男の名があった。父に代わって捜索願を出していた、というエピソードは国民の涙を誘った。一躍名を知られた戸羽市長は、8月には『被災地の本当の話をしよう』(ワニブックスPLUS新書)を出版、自民党の佐藤正久参院議員との対談で危機時のリーダー論を展開した。現在、近隣の大船渡 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。