ドラギECB頼みの欧州金融

保有ギリシャ国債に「埋蔵金」120億ユーロ。民間銀行の悲鳴で三角トレードも。

2012年3月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

困ったときの「埋蔵金頼み」は洋の東西を問わないらしい。ギリシャ金融支援の交渉が大詰めを迎えた2月、民間銀行にばかり損失を押し付けるのではなく、欧州中央銀行(ECB)も一肌脱げ、という議論が急速に高まってきた。昨年11月に登場したマリオ・ドラギ総裁頼みの色彩が欧州で濃厚となっている。ECBの埋蔵金とは、保有するギリシャ国債の「含み益」のこと。ギリシャ国債は債券流通市場で大幅な額面割れとなっているのに「含み益」? そんな疑問を抱く読者も多かろう。ジャン=クロード・トリシェ前総裁が2011年8月に始めた債券購入プログラムによって、ECBは額面500億ユーロのギリシャ国債を流通市場で購入した。当然、国債は大幅な額面割れで、購入に要した金額は380億ユーロ。額面と取得価格の差である120億ユーロの含み益が生じている勘定だ。

含み益吐きだし長期オペ

中央銀行の健全性を維持するには額面償還が原則、と ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。