「烏坎蜂起」解決で名を上げた汪洋

騒乱事件のリーダーを党総支部書記に指名した度量。中国の部分民主化への扉を開くか。

2012年3月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

今秋開催される第18回中国共産党全国代表大会(18大)を睨み、党指導部内で権力闘争が激しさを増している。そんななか、広東省党委書記の汪洋(ワンヤン)の評価がにわかに高まっている。汪は共産主義青年団(共青団)の出身で胡錦涛(フーチンタオ)国家主席(兼党総書記)の信任が厚く、党の最高意思決定機関である中央政治局常務委員会の次期メンバーの有力候補。インターネットを通じた市民との対話イベントで「自分を罵倒する書き込みをいつも読んでいる」と発言するなど、比較的リベラルな姿勢で知られている。

反乱者の要求を丸呑み

そんな汪が世間をあっと言わせたのが、広東省南東部の烏坎(ウーカン)村で起きた村民蜂起の“平和解決”だ。2011年9月21日、烏坎村の党幹部による土地の不法転売に怒った数千人の村民が、組織的な抗議行動を開始した。逃げ出した党幹部に代わって独自の自治組織を作り、村を管轄する上 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。