原発「再稼働」大飯、伊方に脈あり

4月末には全国で「原発停止」。今夏の電力不足を避けようと、福井県を懸命の説得。

2012年3月号 BUSINESS [崖っぷち東電]

  • はてなブックマークに追加

福「島」と福「井」と一字違いだが、福島10基、福井13基と原発立地県の東西の双璧だけに、両県は「鎖でつながれた」ように連動する。炉心溶融を起こし、今は「冷温停止状態」のはずの福島第一原発2号機で、圧力容器底部の温度計の一つが2月2日からなぜか上昇し始める不気味な兆候を示したため、たちまち福井を不安に陥れた。5日には70度を超え、7日から東京電力は注水量を増やして冷やそうとしたが、12日に「冷温停止」の範囲を超える82度に達した。東電は原子力安全・保安院に報告するとともに、注水量を増やしホウ酸水も投入したが、13日には400度を超す異常な数値になっている。破損した圧力容器で何が起きているのか。底部にある他の温度計は35度以下で安定し、キセノンやセシウムの検出量は再臨界基準を超えていない。東電は「未臨界を確認した」と発表、温度計の点検の結果、故障と断定し、保安院 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。