預金保険制度の見直しが迷走ホンネを隠す金融庁長官

2012年3月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

預金保険制度の見直しが迷走している。ゆうちょ銀行については、亀井静香・国民新党代表が水面下で預金保護額を現行の倍の2千万円へ引き上げることを要求。郵政改革法案のゆうちょ銀行の預入限度額2千万円への拡大と平仄(ひようそく)を合わせている。これには民間金融機関が猛反対。ゆうちょ銀行の預金保護額の拡大が実現すれば、民間側も対抗上、拡大せざるを得なくなり、保険料の負担が増加するためだ。むしろ、民間金融機関は長引く低金利と不況の中、融資が伸びず、利ざやが薄くなっているため、保険料率の引き下げを訴えている。ところが、畑中龍太郎金融庁長官は保険料率の引き下げにはけんもほろろ。預金保険機構の責任準備金(保険料の積立金)は、これまでの破綻処理で赤字状態だったが、昨年、ようやく黒字に転換したばかり。現行の保険料率を継続し、なるべく責任準備金を積み上げたいと考 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。