JFE・IHIの造船統合は遅きに失した「弱者結合」

2012年3月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

JFEホールディングスとIHIが傘下の造船子会社を10月1日に経営統合することで合意した。両社は08年4月に造船統合で大筋合意していたが、9月の米リーマン・ショックを受けて交渉を中断。このところの歴史的な円高により、輸出採算が急速に悪化しており、尻に火が付いた格好だ。もっとも、韓国や中国勢が建造能力を高めるなか、統合しても建造量で世界7位にとどまり、「厚板購入などでスケール・メリットを享受できず、遅きに失した」と、業界筋は冷ややかだ。造船受注では、1ドル=80円を超える円高で日本勢が苦戦する一方、韓国勢はウォン安を追い風に、中国勢は採算度外視の安値受注で建造契約を積み上げている。その結果、11年の日本の輸出船受注高は218隻と、ピークだった03年の3分の1の水準に激減。「14年には受注残が底をつく」という危機感が両社の背中を押した。JFE子会社のユニバーサル造船は、旧 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。