パチスロ「サミー」に塩を送った「岡田和生」

2012年3月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

「アルゼの岡田」と呼んだほうが通りはいいが、パチスロ機大手、ユニバーサルエンターテインメント(旧アルゼ、ジャスダック上場)の創業者兼会長、岡田和生が1月26日、フィリピンのマニラ湾に姿を見せた。マスコミ嫌いで知られ、1年の半分は香港在住だから、人前に出るのは久しぶりのこと。この日は、同社グループが社運を賭けて立ち上げる客室数全1050室のカジノホテル2棟を含む「マニラベイリゾーツ」(総工費20億ドル)の着工式だった。が、上機嫌の笑顔とは裏腹に資金調達難が囁かれる。自身が筆頭株主の米カジノホテル経営会社ウィン・リゾーツ(ナスダック)に対し、資金使途の情報開示を求める訴訟を起こし、4人の取締役選任を要求する株主提案をしたとブルームバーグが報じたからだ。岡田がラスベガスのカジノ王、スティーブ・ウィンに出資し、マカオでカジノを折半で経営して高収益を挙げてい ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。