グーグルが遮断? NTT次世代通信網

ガラパゴスの設計思想が祟り、IPv6でアクセス遅延。フェイスブック、米ヤフーなどからも嫌われる。

2012年3月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

NTT東日本・西日本のNGN(次世代通信網)が、インターネットの巨人グーグルから「ノー」を突き付けられた。インターネットの次世代通信プロトコルであるIPv6(アイピー・バージョン6)の世界的規模の実験として昨年6月8日に行われた「ワールドIPv6デー」で、NGNユーザーにアクセス遅延が起きたのが発端だ。現在、主に利用されているIPv4は、インターネットの急激な普及で42億のIPアドレス(ネット上の住所にあたる識別番号)が枯渇しかけている。日本では昨年4月に在庫が払底、放置しておくと、新規の利用者や事業者がアドレスを持てない。そこで、事実上無尽蔵に割り当てが可能なIPv6の世界的普及が急がれているのだ。昨年6月の実験には、グーグルやフェイスブックなどの有名サイトはもちろん、世界中からサイト運営者や接続事業者(ISP)などが参加し、IPv6でのサービス運用における問題点などをあぶ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。