東電国有化「仙谷四人組」暗躍

仙谷氏を担ぐ経産省「三羽ガラス」と内閣官房の前田参与。土壇場で枝野経産相がこぶしを振り上げた真相。

2012年3月号 BUSINESS [崖っぷち東電]

  • はてなブックマークに追加

東京電力の経営問題が風雲急を告げている。年末から「国有化」「発送電分離による送電網全国一体化」などと新聞紙面を賑わしたが、3月末に迫る再建プラン策定を前に、大きな見直しを余儀なくされている。「読売と朝日はこれまで、国が議決権付きの東電発行株を3分の2まで取得して『実質国有化』し、福島原発事故を起こしても引責しない東電経営陣の総入れ替えや、発電部門の売却のような重要な経営政策の変更を、株主総会で単独可決できるようにする、と1面トップで報じてきました。ところが、2月10日付朝刊で、両紙は申し合わせたように、取得できるのは3分の1にとどまり、国有化は難しいと軌道修正しています」と、東電ウオッチャーは語る。首相官邸において藤村修官房長官を座長とする「電力改革及び東電に関する閣僚会合」がスタートしたのは11月4日。東電改革を協議するこの会合には主要閣僚に加え ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。