「エルピーダ支援」経産省は針の筵

「産活法再認定」がなければ万事休す。木村元審議官のインサイダー事件ものしかかる。

2012年3月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「予断を与えることは申し上げるべきではない」――。国の支援で経営再建中の半導体大手、エルピーダメモリの巨額赤字や提携戦略などをめぐる報道合戦が過熱した1月から2月にかけて、枝野幸男経済産業相は、エルピーダ追加支援について、神妙な発言を繰り返した。半導体業界の再編・淘汰の末、かつて世界を席巻した半導体王国ニッポンも今は昔だ。経産省が「救済ありき」でエルピーダ支援を続けるハードルは高い。枝野大臣の発言に、支援の継続か打ち切りか、ハムレット経産省の苦境が凝縮されている。

ガードが堅い財務省

NEC、日立製作所、三菱電機の半導体事業を継承し、日本のお家芸だったDRAMの唯一の専業メーカーとして残ったのがエルピーダだ。社名は、「希望」を意味するギリシャ語の「Elpis」と、「ダイナミック(Dynamic)な事業統合(Association)」の頭文字に由来する。 国家デフォルト(債務不履行)の瀬戸 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。