河村名古屋市長が国政復帰をあっさり断念

2012年3月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

国政復帰への意欲を燃やしていた河村たかし・名古屋市長が、あっさり舞台から降りた。2月6日付の読売新聞で「市長選の民意が大きい。(衆院)解散があってもまじめにやる」と明言。任期中の衆院選出馬を否定した。実は、ごく最近まで河村氏は出馬の可能性を探っていた。市長選の公約だった市民税減税は、当初目標の10%は達成できなかったが、何とか5%減税に漕ぎつけた。これにより「任期途中の国政進出も、ぎりぎりで正当化される」と、国政転進を後押しする有力支持者の動きもあった。一刻も早く国政に返り咲きたい河村氏も、やる気だった。ところが、断念に追い込まれた最大の理由は、名古屋市長の後釜が見つからなかったことだ。河村氏が率いる地域政党「減税日本」は目下、28人の名古屋市議を擁している。本来なら、この中から候補者を擁立するのが順当だが、唯一の市議経験者であった則竹勅仁氏 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。