「増税できず」確率70% 「解散」70%の野田政権

2012年2月号 EXPRESS [政々堂々 第38回]

  • はてなブックマークに追加

いよいよ通常国会が始まる。最大の焦点は、いうまでもなく消費税引き上げ問題だ。展開によっては衆院解散・総選挙になだれ込む可能性も十分にある。どうなるのか。あらためてシナリオを整理してみよう。政府・与党は1月6日に「社会保障・税一体改革素案」を決めた。まず確認しておかなければならないのは、これはあくまで「政府・与党社会保障改革本部の決定」であり、しかも閣議報告にすぎない点である。どういうことか。内閣法は第5条で「内閣総理大臣は内閣を代表して内閣提出の法律案、予算その他の議案を国会に提出する」と定めている。さらに内閣法制局の解説では「法律案については、異議なく閣議決定が行われると、内閣総理大臣からその法律案が国会に提出される」とある。つまり、政府が消費税引き上げ法案を国会に提出するには、その前段階の手続きとして法案を閣議決定しなければならない。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。