小沢側近、辻議員の「身から出た錆」

東京地検の内偵報道を受け釈明会見。「犯罪に当たる事実はない」と主張しているが……。

2012年2月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

民主党の辻惠衆議院議員が過去に関わった供託金返還トラブルが尾を引いている。昨年末には、東京地検特捜部が関係者に事情聴取を行っているとの一部報道を受け、本人が釈明会見を急遽開く一幕もあった。現在2期目の辻議員は弁護士出身で、これまでに党の副幹事長など要職を歴任。その後も党法務部門会議座長や「取調べの全面可視化を実現する議員連盟」の事務局長を務め、法律通の議員として鳴らす。また、政治資金収支報告書の虚偽記載問題で強制起訴された小沢一郎元代表の法律相談役を務めるなど、「小沢軍団」における側近中の側近としても知られる。トラブルは辻議員が落選中に関わりを持ったもの。舞台は東京・六本木のTSKビル。暴力団「東声会」を率いた故・町井久之氏が1970年代に建設した要塞のような建造物で、2002年の同氏死去後、再開発をめぐり地上げ合戦が繰り広げられた。緒方重威元公安 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。