みずほ「秘中」の黒幕利権会社

3行合併の裏で仕組まれ、10年以上生き延びた「宝くじ」囲い込みのミイラ。飛ばしにそっくり、事業仕分けもかわす。

2012年2月号 BUSINESS [宝くじの二重底]

  • はてなブックマークに追加

宝くじを“食い物”にするのは誰か――総務官僚が群がり、みずほ銀行ががっちり押さえている構図は、すでに共通認識としてある。だが、そこに二重底の構造が横たわり、秘密の黒幕会社が隠れていることは、ほとんど誰も知らない。天下り官僚の跋扈は、2010年5月の「事業仕分け」第2弾で明らかになった。仕分けの対象となった日本宝くじ協会と自治総合センターは、委託宣伝費として281億円を受け取り、自治体や公益法人などに配分。その際、総務省OBのいる公益法人に手厚く助成するという“お手盛り”で顰蹙(ひんしゆく)を買った。宝くじ事業資金を得ている6公益法人の歴代理事長43人全員が総務省の天下りで、役員の平均報酬は約2千万円と“破格”だった。行政刷新会議はこうした「たかりの構図」と、広告宣伝費などの「壮大なムダ」を批判したが、宝くじ関連団体はあの手この手でかいくぐって今も健在だ。発売 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。