幸福の科学の教祖夫人が被災地で「トイレ清掃」活動

2012年2月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

宗教法人「幸福の科学」の大川隆法総裁の妻であり、一時は幸福実現党の党首も務めたきょう子氏(46)。昨年、教団から永久追放処分を受け、離婚訴訟など7件の裁判を抱えるが、震災後の5月から岩手県の被災地で約1億円の私財を投じ、ボランティア活動を続けている。きょう子氏は陸前高田市で「神様の啓示を受け」、支援団体「みちのく衛生の会」を立ち上げ、被災者を中心に20人を雇用して避難所と仮設トイレの清掃・消毒を始めた。宗教色ない活動ぶりで市全域の約250の仮設トイレを全て把握、瓦礫の消毒作業や買物代行サービス、仮設住宅と病院やスーパーを結ぶ定期バスも運行している。10月からは予約制で乗用車を出すサービスを始め、人気を博しているという。一方、夫の教団は震災後も「原発賛成デモ」を主催し、金正恩の守護霊を降臨させるなど相変わらずだ。きょう子氏は「若者たちは被災地を救いた ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。