消費者庁の餌食になった「食べログ」

2012年2月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

年明け早々、ネット業界を騒がせた口コミグルメサイト最大手「食べログ」のやらせ問題。掲載店に好意的な口コミを書き込み、ランキングを操作する代行業者の存在が白日の下にさらされたことで、食べログを運営するカカクコムの株価は一時大きく下がった。カカクコムが1月5日に発表した資料によると、同社が特定している不正業者は39社に及ぶ。フードコンサルティングと称して飲食店に営業しているケースが多いようだ。こうした業者は飲食店に対し、初期費用数万円、月額料金10万円程度で好意的な口コミの書き込みを代行。利用者が来店の参考にするランキングを意図的に操っていた模様だ。ネットを巡るトラブルが年明けに発生するのは2年連続。昨年は米グルーポンによる「おせち事件」が世間を騒がせた。割引クーポンの共同購入サイトのパイオニア的存在だったグルーポンが2010年年末に販売したおせち料 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。