「アジア経済新聞電子版」を創刊する日経新聞の狙い

2012年2月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

日本経済新聞社は「アジア経済新聞電子版」を創刊する構想を明らかにした。米有力経済紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)のアジア版に対抗し、アジア全域をカバーする基幹電子媒体をつくる。12月7日に創刊した週刊の英文アジア情報「ザ・ニッケイ・エイジアン・レビュー」(NAR)を拡充し、デイリー化、24時間化することで実現を目指す。NARは現在無料だが、「アジア経電子版」は購読料と広告料を徴収する方針だ。日本の内需縮小とアジア新興国の目覚ましい発展に伴い、日経の収益源だった「紙の新聞」の広告収入は減少の一途。大手企業がもたらす広告のうち、半分程度が海外市場に流出している。このため、アジアでの広告外需を取り込む受け皿として「アジ経電子版」を活用する。ところで、WSJや英経済紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が、アジア版を創刊してから10年以上が経つ。旧植民地など ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。