金正恩「遺訓統治」に焦り

あまりに早い軍最高司令官への推戴。既成事実化を急ぐが、内実は集団指導。対外挑発など予測不可能性が高まった。

2012年2月号 GLOBAL [29歳の孤独な独裁者]

  • はてなブックマークに追加

12月19日午前10時、緊張が走った。北朝鮮国営の朝鮮中央放送が正午に「特別放送」を行うと予告したからだ。「重大放送」を行ったことは過去に何度もあったが、「特別放送」の前例は1994年7月9日に報じられた金日成主席の「訃告」のみ。ここで活きたのは日常のモニタリング成果であった。日本では北朝鮮の放送を24時間体制で聴取し、検証を行う財団法人ラヂオプレスが速報を出した。朝鮮中央テレビは同日、通常は午後5時に始まる放送を午前9時から開始していた。94年7月に「特別放送」があるとの予告を聴取したラヂオプレスの担当官が、その聞き慣れない言葉に驚いたというのは北朝鮮ウオッチャーの間では有名な話だ。今回も金正日総書記の死去報道であると断言こそできないものの、金日成主席死去に匹敵する大ニュースが入ってくることが確実視された2時間であった。しかし、野田佳彦首相の当日の対応は ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。