ふらつく李明博は金正恩に秋波

レームダックの悲しさ。総選挙と大統領選を前に、北から「逆徒」呼ばわりされても。

2012年2月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

「本当に無能で嘆かわしい側近と大統領だ。歴代大統領で最悪だ。私も李明博に投票したが、いま考えるとなぜ一票投じたのか。言葉だけでも、北朝鮮を主敵、テロ国家と規定し、金正恩体制を絶対に認めないと一言だけ発すればよいのに……」韓国のある有力紙インターネット版の書き込みにこんな文句があった。1月2日、李明博大統領が年頭演説のなかで、「南北関係改善の条件」として「北朝鮮の誠意ある態度と核関連活動の中断」だけを挙げて、2010年の哨戒艦「天安」撃沈と延坪島砲撃事件への謝罪を北朝鮮に求めなかったからだ。太陽政策を主張する人も「なぜ大統領は一貫性を保てないのか。自分の任期中は『嵐が過ぎるのを待つ』という姿勢では情けない」という。金正恩体制の北は、李大統領への名指し非難を繰り返している。国防委員会は「李明博逆賊一味とは永遠に付き合わない」(12月30日)と宣言し、韓 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。