シリコン世界3強「トクヤマ」の大バクチ

2012年2月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

半導体や太陽電池の主要材料である多結晶シリコン(ポリシリコン)業界においてトクヤマの大型投資が関心を集めている。マレーシアに年産2万トンの新工場を建設し、2015年には世界シェア15%を目指すトクヤマの果敢な投資戦略には、トップグループから振り落とされる焦りが濃厚に表れている。ポリシリコンは原料である珪石を加工して含有するケイ素(シリコン)の純度を高めたもの。珪石に様々の化学処理を施すことでケイ素成分を99.999999999%(11ナイン)に高めた高純度ポリシリコンは、半導体チップや高性能の単結晶型太陽電池の材料になる。トクヤマは11ナイン製品を得意とし、米ヘムロックセミコンダクター、独ワッカーケミーに次ぐ世界の3番手をキープしている。ところが、最近では韓国、台湾、中国の新興勢力に追い上げられ、投資判断の遅れから世界3位の座が危うくなっている。低価格品では新 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。