「わけあり」企業を買い漁る戸田泉弁護士の嗅覚

2012年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

過払い金返還ビジネスの大物弁護士が不振上場企業を買い漁っている。その動きが注目を集めているのは「ITJ法律事務所」を率いる戸田泉弁護士だ。ITJは「カバライオン」なるキャラクターや女性タレントを使った派手な広告活動で知られ、「MIRAIO」「アディーレ」と並ぶ御三家の一つとされる。11月下旬、戸田弁護士は突如としてゴルフ用品メーカー、マルマンの第2位株主に登場した。持ち株比率は約23%で、取得額は約4億円。12月22日開催の定時株主総会では自らが社外取締役に就任する。「プレスリリースを見て知り、びっくりした」とほかの大株主関係者が驚くほど、電撃的な経営参加である。マルマンといえば、日本振興銀行が主宰した「中小企業振興ネットワーク」にどっぷり漬かっていた会社。同行破綻後に「COSMO&Company」なる韓国企業から資本参加を得たが、振興銀によって大株主に据えられていたネ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。