「政治部長」を復活させた朝日新聞の朝令暮改

2012年1月号 連載 [メディアの急所]

  • はてなブックマークに追加

朝日新聞で約5年ぶりに「政治部長」が復活した。11年10月1日付紙面にひっそりと掲載された社告で「東京・大阪本社の編集組織の呼称を変更する」とし、「グループ」を「部」に、「エディター」を「部長」に、それぞれ改めた。社告によれば、前回06年の組織改革では「柔軟で機動的な紙面づくりをするため、当時の編集局内の各部に所属していた記者を全員、当時の編集局所属とするフラット化を実施」し、部を「グループ」と「センター」に、部長を「エディター」と「センター長」に名称変更。5年を経て「フラット化の目的を達成したため、呼称については呼び慣れた名前に変更する」という。「そもそもフラット化って何ですかね。朝令暮改もいいところ。組織いじりが大好きな我が社の官僚体質が出ただけ」と、朝日の編集幹部は苦笑する。海外メディアでは「エディター」は一定の編集権限を持つ編集幹部、「 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。