北尾SBI「金の卵」簒奪商法

上場前に身内ファンドに付け替えて果実を山分け。残りは死屍累々の投資先124社。全貌を丸裸にする。

2012年1月号 COVER STORY [ 「最後の株屋」の正体]

  • はてなブックマークに追加

9月27日、東証マザーズでベンチャー企業が株式を公開した。SNS(交流サイト)やSI(システムインテグレーション)事業を手がける「KLab」という企業である。公募価格は1700円。冷え切った株式市場でKLabの株価は一際目を引いた。初値3970円、公募価格の2倍以上の値で取引が始まり、終値も3910円だったからだ。主な取引先である「モバゲー」のDeNAやGREEの好業績もあり、商いが細った株式市場では久しぶりに誕生した“金の卵”であった。

「ライブドア」に割り込む

このKLabの株価を複雑な思いで見ている投資家たちがいた。「SBIブロードバンドキャピタル投資事業匿名組合」1~4号に投資した投資家たちだ。この匿名組合は、証券界の異端児、北尾吉孝(SBIホールディングスCEO)が率いるSBIグループ傘下のSBIブロードバンドキャピタルが運営している。名前の通りブロードバンド、インターネット関連の成長が見込める未公開企業に投 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。