電波オークションに総務省「鉄壁」

1.9兆円の財源に野田、仙谷、真砂が動いたが、先読みしていた桜井局長の「防衛線」に腰砕け。

2012年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

電波オークション――総務省が通信事業者、テレビ局などに電波を割り当てるのではなく、市場の競争原理に従って割当先を決める制度の通称である。本誌11年3月号は、民主党が閣議決定までしたこの制度の導入が、総務省の手によって葬り去られた内情を詳細にレポートしたが、一度封印された電波オークションが突然また息を吹き返した。野田佳彦首相の強い指示を受け、電波オークション復活に動き出したのは民主党政調会長代行、仙谷由人である。「こういうことこそ、民主党がやらねばならない政策だ」政調会長の前原誠司の陰に隠れて、存在感に陰りが見えた仙谷は、これぞ失地回復とばかりに動き始める。野田にも動かねばならない明確な理由があった。財政破綻を目前にして消費税率引き上げに邁進する野田は、側近らに「歳入の増収策や冗費削減に手を拱いたまま、ただ増税総理の名前だけ残るのは、なんとし ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。