橋下「独裁」宣言に翻弄された在阪テレビ局

2012年1月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

橋下徹大阪新市長の「独裁」宣言は、実は不況・停滞に倦む大阪庶民の熱狂と、一部「人権派」インテリ・メディアの反発、空虚な「反独裁」キャンペーンを張る平松邦夫前市長陣営の動きを読み切った挑発戦略だった――。本人が選挙翌日の関西テレビ(フジ系)番組で「メディアと相手がまんまと乗ってくれました」と認めたから、もはや疑問の余地はない。成熟した民主主義国家で独裁が不可能なことは、弁護士出身の橋下なら百も承知。「刺激的なワード」に弱いメディアとインテリを挑発し、欲求不満の庶民に「劇場型選挙」の熱狂を与えた。その点で橋下は当代随一の「大衆扇動家」にほかならない。橋下の術数に嵌ったのがNHK、読売テレビ(日テレ系)、テレビ大阪(テレビ東京系)の3局。橋下の「独裁必要」論を真に受け、過剰反応してしまった。橋下の底意を察知し、必ずしも真に受けなかったのが関テレと毎 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。