消費増税でも読売と朝日は値上げせず!

2012年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

2015年前後と目される消費増税が、大手新聞社の弔鐘を鳴らす。「新聞離れ」が進む中、消費税が5%から10%へ跳ね上がるダメージは計りしれない。それでも読売と朝日は購読料に転嫁せず、「我慢比べ」に持ち込むハラだ。体力のない毎日と産経は窮地に追い込まれるのは確実だ。業界筋によると、読売は「消費増税後も値上げしない」方針を固めたようだ。消費税はすべての流通段階にかかる。読売は下請けの新聞販売店にしわを寄せる戦略を練る。例えば、販売店に支払う「販売奨励金」を5%分削る。こうすれば、新聞社は自らの増税分を相殺できる。一方、販売店は購読料据え置きのため、消費者からもらう収入は増えないのに、増税によってコストは5%かさむ。店の経営は苦しくなる。さらにナベツネ(渡邉恒雄)会長が「1千万部回復」の大号令をかけているのも、読売が値上げできない要因となっている。新聞離 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。