大阪W選挙「橋下圧勝」で息を吹き返す「中京都構想」

2012年1月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

橋下徹、松井一郎両氏が「大阪都構想」を看板に大阪W選挙に圧勝したことで、忘れ去られていた「中京都構想」も息を吹き返そうとしている。名古屋市長選、市議会解散のための住民投票、愛知県知事選のトリプル選挙で河村たかし名古屋市長、大村秀章愛知県知事が圧勝したのは今年2月。その際に県と市を統合する「中京都構想」と「市民税・県民税の10%減税」を掲げた。ところが、減税公約は暗礁に乗り上げ、11月には大村知事が震災や円高を理由に来年度の県民税減税の見送りを決定。河村市長が「県は行革が足りない」と噛みつく一幕があった。その河村市長の減税条例案も市議会が12月7日にあっさり否決。公明市議団のあっせんで減税率を7%に引き下げた妥協案だったが、当の公明が土壇場で逃げた。12年度に減税するためには年内に条例案を可決する必要があり、河村市長は進退きわまっている。こうなると頼 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。