「7段階一発格下げ」が日経リンク債直撃

ノルウェー輸出金融公社債がジャンクボンド化。仕組み債や投資信託に組み込まれ、個人投資家にも火の粉。

2012年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

11月下旬、ある発表が日本の銀行や証券会社を震撼させた。米格付け大手のムーディーズ・インベスターズ・サービスがノルウェー輸出金融公社の格付けをAa3(ダブルAマイナスに相当)からBa1(ダブルBプラスに相当)へ7段階も引き下げたからだ。ムーディーズはその1カ月前にも2段階引き下げており、都合9段階の格下げとなった。安全性が極めて高かったはずの債券が突如、投機的とされるジャンクボンドになってしまった。ムーディーズ格下げの2日後には、米スタンダード&プアーズ(S&P)もダブルAからトリプルBプラスへ5段階下げている。こちらは投資適格を保ったものの、「デフォルトに該当する可能性がある」としてクレジットウオッチ・ネガティブに指定し、さらなる引き下げを検討している。ノルウェーで一体何が起きているのか。ギリシャに端を発した欧州の債務問題と直接は関係ない。格付け会社やノ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。