「ダンピング蟻地獄」に嵌ったホテル経営

客室稼働率は回復しても、値下げした客室単価は元に戻らない。プリンスなど有力ホテルチェーンは再編必至。

2012年1月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

12月1日、「札幌グランドホテル」(札幌市中央区)などを経営する大手レジャー会社グランビスタホテル&リゾート(東京都中央区、佐々木成人社長)が企業再生支援機構の支援を受けることが決まった。同社は旧三井財閥系の北海道炭礦汽船(北炭)が1958年に設立した「三井観光開発」が前身。北炭の会社更生法申請(95年)などの影響で財務が悪化したため2005年にメーンバンクの三井住友銀行から200億円の債務免除を受けるとともに、大和証券SMBCプリンシパル・インベストメンツがスポンサーになって設立した新会社に事業を移し、経営再建中だった。記者会見で「2度目の破綻」の原因を問われた副社長の須田貞則は「リーマン・ショック後も事業再生は順調だったが、東日本大震災のダメージが大きかった」と答えた。グランビスタは大和証券SMBCの傘下に入った後、06年3月期から10年3月期まで5期連続で最終赤 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。