結成60周年の「新宗連」の集票力が著しく低下

2011年12月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

新日本宗教団体連合会(新宗連、岡野聖法理事長)が結成60周年を迎え、10月17日に東京都内で記念式典を開催した。「宗教協力」の理想を掲げ、24教団でスタートした新宗連は来春、公益法人に移行する。新宗連は1951年、サンフランシスコ講和条約締結の年に設立された。10月30日付の新宗教新聞60周年特集号によると、岡野理事長は式典で新宗連の結成理念に言及し、戦前の宗教弾圧に触れながら「新憲法下ではそのような不幸が繰り返されないよう『信教の自由』の堅守を礎に据えた」と語った。信教の自由の下、新宗連加盟教団は戦後の荒廃期から高度成長期にかけて勢いを増し、政界とのつながりを深めた。式典出席者によると、祝賀パーティーには与野党問わず数多くの国会議員が姿を見せたという。まず挨拶に立った谷垣禎一自民党総裁が「絆のある和の社会づくりは宗教者の方々の知恵と経験を借りなければ進 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。