株価対策で巨額含み損白川日銀総裁のジレンマ

2011年12月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

昨年末、日銀は「包括金融緩和」を打ち出し、タブーを破って株価指数連動型の上場投資信託(ETF)の購入に踏み切った。買入限度は4500億円でスタートしたが、東日本大震災などを受けて1・4兆円に拡大した。既に買入残高は7千億円を突破しており、来年6月末まで買い入れを続けるという。しかし白川方明総裁の奮闘も空しく株価は下がり続け、日銀は数百億円規模の含み損を抱えてしまった模様だ。日銀が購入しているETFは、日経平均株価(225種)や東証株価指数(TOPIX)に連動するタイプ。買入額は1回当たり200億円程度にすぎないが、売り先行の株式市場では「干天の慈雨」というべき貴重な買い手となり、「アンチ日銀」の市場関係者も珍しく喝采を送っている。だがユーロ危機の深刻化に伴い、足下ではこうしたETFも大幅に値を下げているため、日銀のバランスシート上で巨額の含み損が発生しているのは確 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。