韓国がTPP参加の「隠密作戦」

したたかな李明博大統領は、米韓FTAの発効後、日本を出し抜く「Xデー」を狙っている。

2011年12月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

紆余曲折の末、野田佳彦首相が環太平洋経済連携協定(TPP)交渉への参加方針を決断した。ただ、見切り発車の印象は否めず、民主党内や農業団体などの反対論や、首相批判が一段と高まっている。ライバルの韓国に出遅れた通商政策の巻き返しは、日本の悲願と言える。しかし、日本がTPPへの参加を表明しても、韓国はしたたかだ。ぐずぐずしていると、出し抜かれる事態を警戒する必要があろう。TPPに参加か反対か、推進派と反対派が国内で大詰めの議論を戦わせていた11月初め、首相はギリシャ危機が焦点になったフランス・カンヌでの主要20カ国・地域(G20)首脳会議に出席した。しかし、ドジョウ首相の存在感は薄かった。

実利優先の「CEO大統領」

象徴的だったのが、G20の首脳がずらりと並んだ雛壇での恒例の写真撮影だ。首相は2列目の端のほうにポツンと棒立ちで、誰ともあまり話ができず、孤立した印象を与えた。議長役のサル ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。