「稲盛勇退」「日航再上場」は主幹事証券の嘘っ八

永田町や霞が関に流れる「日航再上場スケジュール」。火もとは「京セラ詣で」の主幹事証券か。

2011年12月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「来年1月に退くことは考えていない。健康の許す限り責任を全うしたい」。11月8日、日本航空が2011年4~9月期の連結決算を発表した席上で、同社会長の稲盛和夫は自身の進退について、こう言及した。かねて早期辞任を示唆していた稲盛が、突如として「前言撤回」に及んだことが憶測を呼んでいる。10年1月に会社更生法の適用を申請した日航は、更生計画の中で12年度中の再上場を目指すと表明している。株式上場の前提となる業績は11年3月期に過去最高となる連結営業利益1884億円を計上。今期も、大震災の影響を受けたが、業績は好調で、更生計画で掲げていた営業利益目標754億円を2倍近い1400億円に上方修正すると発表。大西賢社長は「早い時機に再上場したい」と自信を見せた。

稲盛会長は来年3月勇退?

日本のフラッグキャリア、日航の経営破綻という未曾有の事態に、立志伝中の経営者である稲盛が、民主党の前原誠司国土交通 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。